「今日の人形芸術ーー想念(おもい)の造形」展
Contemporary Dolls--Formative Art of Human sentiment

【企画制作】
東京国立近代美術館、TBS

【後援】
文化庁

【会場&会期】
東京国立近代美術館・工芸館 2003年3月28日〜5月18日
京都文化博物館 2003年5月30日〜6月29日
静岡アートギャラリー 2003年7月12日〜8月10日
ミウラート・ヴィレッジ(松山) 2003年8月20日〜9月30日
岐阜市歴史博物館 2003年10月10日〜11月24日

【展覧会の趣旨】
本展は、工芸の一分野として発展してきた近代日本の人形史と、国内外の新たな人形の世界を紹介するものです。
鑑賞や愛玩のための人形は世界各国で見られますが、日本ほど種類、素材の扱いや表現の豊かな作品を工夫してきた例はありません。その意味で日本は世界一の人形国と言われています。江戸時代に花開いた御所人形から、今日私たちが目にする近代的な人形作りが行われるようになったのは昭和初期に入ってからのことで、平田郷陽、野口光彦らがその中心となって独自の道を築き上げてきました。また竹久夢二や堀柳女のように、職人的背景をもたない文化人や一般の人々が人形制作に興味をもって参加した点も、世界に稀な事例です。このような多面的な展開が日本における人形の基盤となっているのではないでしょうか。
戦後になると制作の幅もより広がり、なかにはきわめて彫刻的な表現や抽象的アプローチも試みられるようになりました。その一方で伝統的な要素もつぶさに検証され、今日、人形芸術の多様性は過去に例を見ないほどです。
本展は2部で構成されます。第一部では、昭和初期までの先駆的な作例を展示し、人形芸術における近代性を検証します。また第2部では現在活躍中の国内の作家とともに、ドイツ、オランダ、チェコで活躍する作家の作品を並べ、人形制作に見る普遍的なテーマを探りたいと思います。またシュールレアリストであるハンス・ベルメールの視点も紹介します。

 Dolls have a mysterious presence. That is why--loveable and beautiful as they may be--that, over time, they engender unease. As toys, they may be a familiar part of the landscape, but tracing their origins makes us realize that they were created by primordial human desires and hopes for use in festivals, religious rituals, and even sorcery. In these forms modeled on ourselves we lodge joy, hope, love, fear, sadness,
anger, hatred--all the emotions we experience in life. The more strongly and deeply hued the feelings the doll's expression conveys, the more lifelike it appears and the more powerfully it communicates to us.
 Modern doll making--making dolls as art objects--made great strides in Japan in the late 1920s and early 1930s. Prior to that period, dolls were manufactured in processes involving a division of labor among several specialized workers. In making art dolls, however, one indivisual artist's creativity was applied to fashioning a doll, and the new dolls made a strong artistic impression on people of every stamp. After World War II, doll artists picked up again where the war had interrupted their art, resuming production of dolls with the formative qualities that the prewar development of the modern art doll had established. Then and now those qualities that direct our gaze deep into the psyches of those who, in tapping the essential quality with which dolls are endowed in trying to capture fleeting feelings and hopes in concrete form, seek to create a new mode of expression.
 This exhibition is divided into two parts, presenting work from before the war and then from the postwar period to today. The first part communicates through their work the sensibility--still fresh and vital today--of the pioneering artists responsible for creating the modern art doll. In the second part, we explore the potential and fascination of the art of the doll : penetrating to the depth of human heat and giving form to the many emotions that emerge from there.

This exhibition was planned by The National Museum of Modern Art, Tokyo and TBS Television, and exposed at The National Museum of Modern Art, Tokyo and thereafter four Museums in Japan.


English Chronology