ガリマール社からカタログ刊行!

Un catalogue est edite a cette occasion aux editions Gallimard!
"Albums Haute Enfance"
Poupees
sous la direction d’Allen S. Weiss

 アル・サン・ピエール美術館主催の「人形/POUPEES」展のカタログは、フランス最大の出版社の一つガリマール社から、同社が刊行中の文学叢書「Haute Enfance(遙かなる子供時代)」シリーズのアルバム版として編集・刊行されました。内容的には、単なるヴィジュアル的なものではなく、人形の歴史、人形についてのエッセー等と視覚的なものが組み合わさった3部構成で、ガリマール社の編集担当者パトリシア・ゲドーさんは次のように語っています。
 「私たちのカタログは、文学的、詩的、視覚的に構成されています。教育的なもの、学術的なものではありません。伝統的な展覧会カタログとは全然違います。形式ももっと親しみやすいものです。シモンさんのアーチストとしての歩みはとても尊敬してますから、その作品には見開きページをあてています。他の作家すべてを見開きで紹介しているわけではないのです。でも部分だけではなく、カタログ全体を見てもらえるととてもうれしいですね。ともかく私たちのカタログは、展示されるすべての作品を義務で掲載するような古くさいカタログとはかなり違ってます。私たちはさまざまな宇宙と想像の世界を、全体として、また部分として提示しようと思っています。」
 「Haute Enfance」シリーズは、1993年に創刊された叢書で、すでに約50点の書籍が刊行されていますが、そのなかには「芽むしり仔撃ち(フランス語タイトル:Arrachez les bourgeon, tirez sur les enfants)」(大江健三郎)などが含まれています。
 カタログは、日本からも大きな書店の洋書コーナーなどをとおして取り寄せることが可能です(タテ21cm、ヨコ23cm、価格34ユーロ<約4,500円>、ISBN番号2-07-073075-1)。

【フランスからみたシモン:カタログに掲載されているプロフィールから】
Ne en 1944 a Tokyo d'un pere violoniste specialise dans le tango et d'une mere danseuse, Yotsuya est tres tot fascine par les poupees et les masques. Vers dix-huit ans, il frequente les milieux culturels de Tokyo, ou ses amis le surnomment Simon en raison de son admiration pour la chanteuse Nina Simone. Artiste proteiforme, il est vite reconnu a Tokyo en tant qu'acteur dans une troupe de theatre d'avant-garde, chanteur et modele. Il a dix-huit ans quand il expose ses premieres poupees, mais c'est trois ans plus tard, apres la lecture d'un article sur La Poupee de Hans Bellmer, qu'il se rapproche du surrealisme et oriente son travail de facon decisive. En 1978, il ouvre sa propre ecole pour enseigner son art de fabriquer les poupees. Figure majeure de l'art contemporain au Japon, Yotsuya Simon expose regulierement dans les galeries et les musees : une retrospective de son oeuvre, Simon : Pygmalionisme, a tourne en 2000 dans cinq villes du Japon.

「1944年、タンゴのヴァイオリニストである父とダンサーの母とのあいだに生まれる。ヨツヤは非常に若い頃から人形と仮面に魅せられる。18歳頃から、東京の文化的中心にしばしば出入りする。ニーナ・シモンが好きだったことから、友人たちにシモンと呼ばれるようになる。変貌するアーチストである彼は、まず前衛劇団の俳優として、そして歌手としてモデルとして東京で知られるようになる。最初の人形を展示したとき、彼は18歳であった。しかしその3年後にハンス・ベルメールの人形についての記事を読んでシュールレアリスムに接近し、決定的な方法で作品をつくりはじめる。1978年、人形製作を教える学校を開設。現代の日本における代表的人形作家である四谷シモンは、画廊や美術館で定期的に展覧会を開いている。その大規模な作品展<四谷シモンーー人形愛>は、200年から日本の5都市で開催された。」


Poupees
sous la direction d’Allen S. Weiss

Elles viennent souvent de tres loin. De notre enfance. De l’enfance du monde.
Rituelles ou magiques, idoles et icones, jouets ou fetiches, les poupees ont toujours garde cette fonction d’intermediaire entre deux mondes : les dieux et les hommes, le sacre et le profane, masculin et feminin, simulacre et reel…
La poupee releve de l’innommable ; elle est au coeur de ce qui inspire le desir de creer, de rever, de jouer ? voire d’ecrire. Loin de tout didactisme, ce livre prend le parti de l’intime et de l’heterogene. Passeur de poupees et revelateur de fantasmes, il penetre leurs lieux secrets, subit leur magie et leur mystere.
La poupee dans tous ses etats, tel est l’enjeu poetique de cet album ou les contes et recits des ecrivains Chantal Thomas, Straparole, Maryline Desbiolles, Pierre Peju, Colette Fellous et Allen S. Weiss convoquent poupees rituelles et poupees d’artistes (Michel Nedjar, Sarah Moon, BillyBoy*, Kazuyo Oshima, Morton Bartlett, Lisette Model, Caroline Oury, Isadore Seltzer, Hans Bellmer…).

「人形 POUPEES」展